賃貸経営に活用できる一戸建ての窓の構造

###Site Name###

賃貸経営は、安定した家賃収入を得るための経営です。

安定した家賃収入を得るためには、入居者が必要不可欠です。
木造建築の一戸建ては、建築後10年を経過した辺りから、さまざまなリフォームすべき箇所が出てきます。

少しでもリフォームをしないように工夫することで、得た家賃収入から経費を差し引くことを少なくできます。木造建築の一戸建ては、外気温と室温との気温差が大きくなると、窓に結露が発生しやすくなります。



結露は乾燥しにくい水分です。

結露のまま放置していると、カビが発生したり、木製の窓枠が腐敗する懸念があります。

可能であるのなら、結露が発生しにくい窓にしておくと良いでしょう。
オーナーが窓を二重窓にしておくことで、結露が発生しにくい窓になります。

二重窓に施工すると、工事費用がかかりますが、ふたつの大きなメリットが得られるようになります。

ひとつは入居者にも喜ばれることですが、結露が発生しにくく、カビを予防しやすくなることです。



健康にも良いです。

もうひとつはオーナーにとって重要なことですが、建物の寿命が長くなることです。

木造建築の一戸建ては過剰な湿度が原因で、建物の木材を腐敗させてしまったり、害虫が生息しやすい環境になってしまうことで木材が腐食してしまうことが多いです。

窓の結露を予防できるだけでも、木造建築の一戸建てには良い影響になります。

二重窓の構造は、ガラス窓とガラス窓との間に空気層が生まれるので、外気温と室温との気温差に対してクッション効果となり、結露の発生を緩和させられます。